· 

ここまろ通信No2

ここまろ通信 No2は1日の水分摂取量に関するお話です。大分別府 頭痛専門ここまろ調整院より。

こんにちは。大分別府 頭痛専門ここまろ調整院の佐藤です。

そろそろ梅雨入りしそうですね。

 

ジメジメしたこの時期、汗をあまりかけないから体温調節がうまくいかなくて熱中症になる方が出始めます。

 

逆に、冬の時期より室温が上がることで不感蒸泄が増えているのに、喉の渇きがないため水分摂取が足りない・・・体の中に熱がこもってしまい熱中症になる方も・・・。

 

熱中症対策の1つとしてとても大切な「水分補給」に関するちょっとしたことが今回の通信内容です。

1日必要水分量は体重×25〜30mlです。水分の供給と排泄のバランスが崩れ、供給不足になると脱水症になります。食事による水分補給と代謝水で、尿量分が相殺される水分量です。残りの排泄分を飲料水で補う必要があります。ミネラル入りの水分がおすすめ。糖分は摂りすぎると疲れやすくなりますので注意してくださいね。カフェインを含む飲料は基本的には飲水量から除外します。
適切な予防をして熱中症を防ぎましょう。栄養バランスの良い食事を。夜間や就寝中も温度・湿度管理を。適度な塩分補給も忘れずに。エアコンを上手に活用。無理をせず休息を。日傘や帽子を忘れずに。直射日光を避けよう。こまめな水分補給を。マスク熱中症に注意しよう。