🌟 雨の日頭痛(気象病)🌟

雨の日に必ず頭痛になる人いますよね?頭痛って辛いな〜。

気圧の変化で自律神経が活性化

昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていたそうです。

 

最近では「気象病」なんて言われていたりしますよね。

 

現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、

局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、

年々気象病を訴える患者数は増加傾向にあるんだとか。

 

近年気象病が一般に認知されるにつれて、「今までなんとなく感じていたあの不調は、天気によるものだったのか!」

と自分の気象病に気づくことも、患者数が増えている原因のひとつといえます。

 

気象病の主な原因は、気圧の変化

変化は急なほど症状が強くなります。

主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。

 

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。

一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。

この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまいます。

 

自律神経が乱れるとさまざな不調が起こるのですが、特に多いのが頭痛です。

他には・・・めまい、立ちくらみ、目の奥の痛み、不眠、胃腸の不快・・・などなど。

 

思い当たる人、結構な数いるのではないでしょうか???

 

 

 

日だまりショットは頚椎2番にある自律神経の反応点を緩めていきます。

なので、頭痛だけじゃなく、自律神経が関係している症状にも効果が出ます。

「気象病」と言われる気圧が原因の頭痛にも効くのは理由があったんですね!!

頭痛の原因は様々です。あなたの頭痛の原因はどれでしょうね?